HERBIVORE LIFE

偏愛ベジタリアンのお弁当手帖

じゃがいものベジバーグでお弁当

 

我が家で一番多く作るじゃがいもが主役のお弁当のおかずは「じゃがバーグ」です。

じゃがいもと玉葱って大抵いつも家にあってコロッケより簡単。そしてじゃがいも好きな子供からは、何かしらのじゃがいも料理が入っていれば殆ど文句は出ません。(質素な我が子であります)

 

バーグ系はジャガイモに限らず片栗粉をつなぎにすることが多いです。

入れなくてもまあそれなりに大丈夫なのですが、入れた方が崩れにくくなりますね。

片栗粉の量をどんどん増やしていくとムチムチした食感の芋餅になります。

 

基本のベジバーグはこちら。

*玉葱のじゃがいもバーグ

f:id:syunminringo:20190428130721j:plain

 
-材料- (6個分)

・ジャガイモ     中4つ

・玉葱        2分の1

・塩         適量

・片栗粉       小さじ1

・オリーブ油     小さじ1

 (好みで胡椒・赤唐辛子・クミン・バジル・ローズマリーなどを)

 

 -作り方-

1.ジャガイモは皮を剥いて柔らかくなるまで茹でる。

2.その間に玉葱を薄くスライスし、塩と和えてしんなりさせておく。

f:id:syunminringo:20190428132313j:plain

 

3.茹で上がったジャガイモは潰して、工程2と塩・片栗粉を混ぜて味を調える。

f:id:syunminringo:20190428132336j:plain

 

4.お弁当箱に詰めやすい大きさにまあるく成型する。

f:id:syunminringo:20190428132830j:plain

 

5.油を薄く引いたフライパンで焦げ目が付くまで両面焼いて出来上がり♪ 

f:id:syunminringo:20190428132414j:plain

 

わたしは前の晩に工程3まで作っておいて、朝まるめて焼くことが多いです。

玉葱は生のままではなく、炒めてから混ぜても勿論OK。

生のまま使う場合は玉葱と同じく塩で薄く和えて、しんなりさせておくと綺麗にまとまります。和えない場合はみじん切りで。

工程3でいろいろ混ぜてから焼いてもOK。

 

 

じゃがいもバーグ自体がシンプルなので、アレンジもしやすいです。

鮮やかな野菜で作る 

*紫キャベツと粒マスタードのじゃがバーグ

f:id:syunminringo:20190422184914j:plain


こちらも紫キャベツを塩和えにしてしんなりさせておくか、軽く炒めてから混ぜます。

色彩がきれいで華やかになりますね。

 

風味を変えて

*カレー味

f:id:syunminringo:20190422183950j:plain

 玉葱と人参の微塵切りにクミン・ターメリック・赤唐辛子を混ぜます。

(野菜は炒めても炒めなくてもどちらでもOK) 

 

添える系

*山椒味噌添え

f:id:syunminringo:20190428134130j:plain

玉葱バーグに山椒を添えました。

 

ー山椒味噌ー

山椒の葉は入れたい分だけすり鉢で摺り、味噌大さじ2、黒糖小さじ1、水大さじ1と一緒に鍋にかける。ひと煮立ちしたら出来上がり。


*レンズ豆とトマトのサルサ添え

f:id:syunminringo:20190418214628j:plain

 

サルサの材料はレンズ豆、ミニトマト、玉葱、パセリ、コリアンダー粉末、唐辛子ピューレ、大蒜、レモン果汁、塩。野菜を微塵切りにして全ての材料を適当に和えておきます。汁気は切る感じでじゃがバーグに添えます。

 

じゃがいも料理とサルサって合いますよね。

冷凍しておいた唐揚げもポイっと入れておきました。

 


 限りなくアレンジできてしまいそうですが、これくらいにしておきます。

美味しいアレンジができたらまた追加しちゃうかもしれません。