HERBIVORE LIFE

偏愛ベジタリアンのお弁当手帖

我が家でいちばん活躍しているお弁当のおかず「ひよこ豆の唐揚げ」

 

ベジタリアンである我が家のお弁当は、うっかりすると副菜ばかりになりがちです。大人はそれで十分だけれど、集団でお昼の時間を過ごす子供たちは、やっぱりみんなと同じような主役のおかずの入ったお弁当が好きです。

 

まずはベジタリアンの我が子たちにもっとも愛されているお弁当のおかず

『ひよこ豆の唐揚げ』を紹介します。

 

ひよこ豆とは中東発祥のマメ科の植物。茹でるとホクホクしていて、わりと何にでも合う味なので様々な料理に使えます。大豆より茹で時間が短く、お豆腐や味噌なども作れるので、我が家では大豆よりも消費量が多くなりました。

 

 ひよこ豆の代表的な料理といえば、イスラエル発祥の中東料理「ファラフェル」。

f:id:syunminringo:20190321115436j:plain

 

この「ファラフェル」をもっとシンプルなレシピに変えたものが『ひよこ豆の唐揚げ』です。子供たちが大好きなおかずで、作り置きして使う時に味付けを変えてお弁当に詰められるため、とても助かっています。

これからこのブログに登場するひよこ豆料理の基本となるレシピでもあるので、いちばん最初に紹介することにしました。

 

 

 では、いってみましょう。

『ひよこ豆の唐揚げ』~ひよこ豆の基本レシピ~

 

f:id:syunminringo:20190305120154j:plain

 

ー材料ー

・乾燥ひよこ豆    100g

・玉葱        1/4こ

・塩         小さじ1/3

・赤唐辛子または胡椒 適量

・小麦粉       小さじ1

・水         50mlくらい

 

これが基本のレシピになります。

玉葱の代わりに大根や人参、その他の野菜を入れてもOK。

後から微塵切り野菜を入れると更に美味しくできあがります。

 

ー作り方ー

1、乾燥ひよこ豆100gをよく洗い、6時間以上浸水する。(水に浸すと膨らむため余裕のある容器を使ってください)

 

2、浸水しておいたひよこ豆は濯いで水を切ってから、小麦粉以外の材料と一緒にミキサー容器へ。細かくもったりするまでミキサーにかける。

 

f:id:syunminringo:20190304211940j:plain

 

3、小麦粉や微塵切り野菜を足す場合はここで入れる。

f:id:syunminringo:20190408114658j:plain
 

4、スプーンで掬い取るか手で軽くまとめて、熱した揚げ油に落とす。

 5、中火に近い弱火で、中までしっかり火が通るようにじっくり揚げる。

 6、きつね色に揚がったらできあがり。

 

f:id:syunminringo:20190304212011j:plain

 

こちらは微塵切り野菜を混ぜたタネを、手でキュキュッと成型して揚げたもの。

見た目はナゲットに近い感じに。

f:id:syunminringo:20190408114720j:plain

後からみじん切り野菜を混ぜた方が柔らかくなるので、口当たりが良くなります。

手で成型する場合は圧がかかって纏まりやすいので、小麦粉は入れないことが多いです。野菜が多すぎたり水気が多かったりで纏まりにくければ小麦粉を足します。

 

 ポイントは「纏まりにくければ小麦粉を足す」ですね。

 ※冷凍保存できます。二週間程度で使い切りましょう。

 

 

ここからは「ひよこ豆の唐揚げ」をアレンジしたお弁当をざっとご紹介します。 

 *揚げたてならディップを添えるのが我が家の定番

f:id:syunminringo:20190319073346j:plain

カシューナッツのディップはマヨネーズやタルタルソース、チーズの代用としてよく使います。レシピは別記事で書く予定。

 

 

冷凍したものや、ひよこ豆だけで作ったものはぼそぼそ感が否めません。

でも大丈夫。餡やソースを絡めることでしっとり美味しくいただけます。

どれも5分程度でささっと出来るソースばかりです。

*麻婆味

f:id:syunminringo:20190311083353j:plain

胡麻油で微塵切りにした生姜とニンニクを炒め、水を大さじ4足す。味噌と赤唐辛子で味を整え、水溶き片栗粉でとろみを付け絡ませる。

 

少ない量なので分量は適当です。

 

*ヤンニョムチキン風 

f:id:syunminringo:20190318081556j:plain

コチュジャンが無いので、唐辛子ピューレと味噌をベースに味付けをしています。

材料は水を大さじ4に、唐辛子ピューレ、味噌、きび砂糖、おろしニンニク、粉末赤唐辛子、胡麻油、塩で味を整え、水溶き片栗粉を絡ませる。

 

 

丸めて揚げたバージョン。

タネが纏まりにくい場合は、そうです、片栗粉を小さじ1足しましょう。

 *甘酢たれで串団子

f:id:syunminringo:20190325123407j:plain

串にさして、黒糖、酢、生姜、塩、赤唐辛子、水溶き片栗粉で絡める。

 

*トマトソース

f:id:syunminringo:20190327181907j:plain

トマトピューレ、人参、青菜、大蒜、オレガノ、塩。

 

*ホワイトソース

f:id:syunminringo:20190325123433j:plain

 ホワイトソースはココナッツミルク(ココナッツパウダー&オイルでも)、塩、唐辛子、水溶き片栗粉、そしてミントです。

ホワイトソースとミントって合いますよね。

 

 

さて、「ひよこ豆の唐揚げ」いかがでしたでしょうか。

ベジタリアンの日々のお弁当メニューに少しでもお役に立てれば幸いです。

大豆アレルギーの方にもお薦めですよ。